KAPPA NOVELS
光文社
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
KAPPA-ONE 登竜門
リンク
KAPPA NOVELS

◎本格推理小説◎ 
舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵

歌野晶午(うたの・しょうご)
定価:900円(857円+税)
ISBN 978-4-334-07667-2

刑事×難事件×おしゃまな11歳=歌野晶午流「ゆるミス」。
軽やかに登場!
舞田歳三は浜倉中央署の刑事だ。仕事帰りに兄・理一の家によって、小学五年生になる姪のひとみの相手をし、ビールを飲むのを楽しみにしている。難事件の捜査の合間を縫ってひとみをかわいがる歳三だが、彼女のふとした言動が事件解決のヒントになったりもして……。多彩な作風で知られる歌野晶午が、ちょっと生意気でかわいらしい少女と、本格ミステリらしい難事件を巧みに描く!

<著者のことば>
こんなに楽しく書けたのはいつ以来でしょう。キャラクターがかわるがわる憑依して、勝手に会話をつむいでくれました。物語の中心には事件があり、地道な捜査や推理により、トリックや意外な犯人があばかれます。しかしそういったミステリーとしての部分よりも、枝葉に盛り込んだたわいないやりとりを楽しんでいただければと思います。もっとも、くすりと笑っていたら、実はそこにヒントが眠っていたりするわけですけど。本書を一言であらわすなら、「ゆるミス」、「やわらか本格」──まあそんなところです。



→もどる
書影【舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵】


その他の作品
| →一覧へ
家守(やもり)



ほか






光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.