KAPPA NOVELS
光文社
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
KAPPA-ONE 登竜門
リンク
KAPPA NOVELS

◎最新ベスト・ミステリー◎
名探偵の奇跡

日本推理作家協会編
定価:860円(819円+税)
ISBN 978-4-334-07662-7

◎収録作品◎
赤川次郎  「地獄へご案内」
芦辺 拓  「裁判員法廷二〇〇九」
有栖川有栖 「あるいは四風荘殺人事件」
泡坂妻夫  「願かけて」
大沢在昌  「雷鳴」
北森 鴻  「棄神祭」
坂木 司  「先生と僕」
柄刀 一  「デューラーの瞳」
西澤保彦  「変奏曲<白い密室>」
法月綸太郎 「四色問題」
柳 広司  「カランポーの悪魔」
横山秀夫  「永遠の時効」


“名探偵”の称号
日本推理作家協会理事長 大沢在昌
ミステリーにおける事件には、解決するのに見合った探偵が必要とされる。横丁の御隠居が、日常のちょっとした謎を解くのと猟奇連続殺人の犯人をつきとめるのとでは、どちらがふさわしいだろう。
人物と事件のバランスは重要である。その上で、読者の心に印象を残す人物造形に、作者は心を砕く。
そうして作られた人物のみに、“名探偵”の称号が与えられるのだ。


ファンを魅了し続ける“名探偵”
編纂委員 末國善己
天才的な犯罪者が考案した不可能犯罪を解き明かす本格ミステリー、退廃的な大都会で暴力組織と戦うハードボイルド、世界をまたにかけるスパイの暗躍を描く国際謀略小説、ありふれた殺人事件を捜査する警察官が庶民を食い物にする巨悪の存在に行き当たる社会派推理など、ミステリーにも様々なスタイルがある。その中にあって、タイプの違いを超越し、いつの時代もファンを魅了しているのは“名探偵”の存在ではないだろうか。
「編纂序文」より



→もどる
書影【名探偵の奇跡】


その他の作品
| →一覧へ
事件を追いかけろ

不思議の足跡

事件の痕跡

ほか







光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.