KAPPA NOVELS
光文社
トップページへ
新刊
既刊
過去のトピックス
KAPPA-ONE 登竜門
リンク
KAPPA NOVELS

長編本格推理◎ 書下ろし
監獄島 (下)

加賀美雅之(かがみ・まさゆき)
定価:1,300円(1,238円+税)
ISBN 334-07576-2

怪奇と不可能の華麗なる融合─
貴方もこの島に囚われる!

捜査は難航していた。輝かしい功績でフランス中にその名を轟かすベルトランの存在を嘲笑うかのように、監獄島全体を舞台とする血塗られた連続殺人が繰り広げられていった。斧でバラバラにされた死体。血で彩られた独房。ギロチンで切断された胴体、そしてついにはベルトラン自身も凶悪な縦断に命を狙われる!
密室、人間消失──謎に継ぐ謎。ベルトランの卓越した頭脳は、果たしてこのトリックを解明できるのか?そして、事件の裏側で進む壮大な陰謀の全容とは!?

<著者のことば>
幼い日に『厳窟王』や『鉄仮面』を読んでその面白さの虜となり、長じてそれらを再読したものの、子供の頃にあれほど胸を躍らせた場面がどうしても見つからない──。そんな経験をされた人は多いでしょう。そしてその幻の場面こそ、幼い日の柔軟な感受性が物語の面白さに刺激されて無意識のうちに織りなした、自分だけのオリジナル・ストーリーだったことに気がつくのです。
この『監獄島』は本格ミステリーの骨法を遵守しつつ、それら波瀾万丈の物語へのオマージュともなるように書き上げました。単純に読んで楽しんでいただければ、作者としてはこれに勝る喜びはありません。



→もどる
書影【監獄島(下)】


その他の作品
| →一覧へ
双月城の惨劇

監獄島(上)

風果つる館の殺人


ほか




光文社/ノベルス編集部
当ホームページに掲載されている文章・画像写真などを無断で複製することは
法律で禁じられています。またすべての著作権は(株)光文社に帰属します。
Copyright(c)2004 Kobunsha Ltd.All Rights Reserved.